おうちBBQ|切り出し七輪で焼く

おうちBBQ|切り出し七輪で焼く

毎日、暑いですね。
昨日は、早い時間からプシュッっとやりたいのをぐっと我慢して
山の向こうに太陽が沈むのを見計らってからBBQ準備を開始。

その前に、まずはこいつを設置。
蚊にやられていては、肉いくさには勝てません。

無添加 蚊取り線香 夕顔

上空ではハヤブサか、オオタカか
なにか強面な鳥が鳴き、旋回しています。

向かいの森からは、ヒグラシの鳴く声が聞こえてきます。

テラスの片隅では、ブルーの可愛らしい
四角豆の花が咲いています。

四角豆の花

さて、準備を始めましょう。
まずは、庭からレンガを持ってきて
その上に七輪を設置。

能登燃焼器工業の七輪

石川県は能登燃焼器工業の七輪です。

能登 珪藻土 七輪

avatar

ねこさん

くぅ〜〜、この削りの形状がたまらんね。

これ、天然珪藻土でできてるんだってね!すごいね。

avatar

かばさん

能登の切り出し七輪については
こんな記事があったので貼っておきます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

能登半島を切り出して作る!七輪 能登燃焼器工業


↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

かばさんは、テラスで火起こしを
ねこさんは、台所で食材準備を…
とBBQの用意を進めていきます。

avatar

ねこさん

かばさーん、お肉の準備できたよ〜。

本日の食材はコレ!

BBQの食材

avatar

かばさん

わぉ!!うっまそ〜♪

手前にカルビが光ってますね〜。
佐野プレミアムイタリアンさんで仕入れた
鹿児島黒毛和牛の三角バラ。
おいしいお肉が、お財布に優しいお値段で買えるので
最近、とってもお世話になっています。

それから、近くのデパ地下で買ってきた
鳥レバー、鳥ハツ、豚タン、ハタハタ。

さっそく焼いていきましょう〜。
ちなみにひきたさんちでは、
焼き肉・BBQはチマチマと焼いてく派です。

avatar

かばさん

うん、急ぐことない、ゆっくりがいい。七輪だと尚更そうなるよね。

うふふ、人生と一緒ね。そうね、ゆっくりやりましょ。

avatar

ねこさん

待て待て。まずは急がんと、肉の前に前菜。
群馬の『くろちゃん』という枝豆です。

スキレット枝豆

avatar

かばさん

味がめちゃめちゃ濃い!この枝豆美味しいね。

どれどれ、ほんとだー。これ黒大豆の枝豆なんだって。

avatar

ねこさん

この枝豆、なかなかヒットでした。
また見かけたら、買ってこよう。

さて、こんどこそ焼くぞー。
網焼き第一弾は、やっぱカルビからでしょう。

鹿児島牛 特上カルビ

最近はすっかり赤身肉ラバーになりました。
オーバー40の胃には、カルビは最初に。
空腹一番!カルビ一番!って感じです。
お腹が膨れてくると、せっかくの上等肉も美味しくいただけない。
それでは、牛さんに申し訳が立ちませぬわ。

avatar

ねこさん

くぁ〜、空腹にカルビが効くわ。豚タンもすごく美味しい!

七輪でカルビを焼くと、脂が落ちて美味しいね、ほんと。

avatar

かばさん

第二弾はこちら。

七輪BBQ

カルビに、ハタハタとホタテ稚貝のコンボ。
はたはたは焼色しっかりつけて
香ばしい、最高です。

第三弾はこちら。鶏レバーです♪
I LOVE 鶏レバー。
WE LOVE 鶏レバー。

錦爽どりレバー

avatar

かばさん

ぷりっぷり!めちゃくちゃ旨い!! 今日イチの美味しさだね。

すごく色もきれいで、新鮮だったもんん。錦爽どりっていう千葉の銘柄鶏だって。

avatar

ねこさん

そんなこんなで満喫していると
空もすっかり宇宙の色に近づいてきました。

そろそろ、ランタンの出動です。
そうそう、ひきたさんち愛用の焼き肉たれは
モランボンの『ジャン』。
無添加で賞味期限が短いけど、
余計な味がしないので好きです。
ジャンをかけて冷奴とかもよくしてます。

もうひとつオススメなのが
暗くてちょっとわかりずらいけどこのレモン汁。
『せとだのレモン』
これを使ってから、他のレモン汁はえぐみが気になって
『せとだのレモン』ひと筋になりました。

せとだのレモン

暗闇の中で明かりをともしてご飯をたべるだけで
なんでこんなに楽しいんだろう。

avatar

ねこさん

今日は、いろんな生き物に出会ったねー。ザリガニもいた。

そうそう、ねこちゃん、指はさまれてたよね。

avatar

かばさん

avatar

ねこさん

道路にいたから、車に轢かれちゃうと思って草むらの方に逃してあげたかったのに、やられた。笑

あと、サワガニにも出会ったね。

avatar

かばさん

avatar

ねこさん

それからゲンゴロウもいた!!

なんて会話をしながら。
食材を全部平らげたあとも
七輪の溶岩みたいになった火を眺めながら
しばらくお喋りは続きまさした。

火の魅力って考えてみるとすごいなぁ。

毎日のごはんカテゴリの最新記事